【体験談】ADDressを2ヶ月間カップルで使ってみた感想

【体験談】ADDressを2ヶ月間カップルで使ってみた感想

ADDressって実際快適なのかな?

月4万円は安すぎ…なにか裏があるのでは?

一人部屋が多いらしいけど、セキュリティー面は大丈夫かな?

今回はこんな疑問に答えます。

この記事を書く私は家のサブスク「ADDress」を利用しながら日本一周をしています。そんな私が実際にADDressを使ってみた経験をもとに、ADDressのメリットとデメリットをまとめました。

また契約前に不安だったセキュリティーやその他の疑問点なども合わせて紹介していきます。

なにか疑問があればInstagramまでご連絡ください。

ADDressを2ヶ月間カップルで使ってみた感想【メリット・デメリット】

私達は2022年4月の初旬からADDressの利用を開始しました。まだたったの2ヶ月ではありますが、ADDressを使って新たな出会いや新たな景色を見ることができました。その反面、大変なことやADDressの問題点なども感じることができました。

ここでは、はこれからADDressを使おうか迷っている方のためにADDressの体験談をメリット・デメリットに分けて紹介します。

アドレスをお得に使用したい方はこちらの記事がおすすめ
【3万円お得に!】ADDressのクーポンコードを取得する方法

Addressを使ってみて感じた「メリット」

私的にADDressは最高のサービスだと感じています。主な理由は以下のとおりです。

  1. 日本全国に200拠点以上あるから仕事しながら日本一周できる
  2. ADDressの会員や家守さんなど色んな人と交流ができる
  3. 都会の家賃よりも費用が安く生活コストが下がる
  4. カップルや友人と利用すると月2万円
  5. 地元の人しか知らないお店に行ける

順番に解説しています。

1、仕事しながら日本一周できる

日本一周と聞くと「仕事を辞めて日本旅」「野宿や車中泊をしながら」とイメージするかもしれませんが、ADDressを使えば毎日ホテルや民宿などに泊まって「平日は仕事、休日は観光」今の仕事や生活の基準を維持したまま日本一周ができます。

そのためには在宅ワークである必要がありますが、会員の中には土日はウーバーイーツで稼いで、平日の空いてる時に観光するという方もいます。また日雇いバイト「タイミー」などを利用して稼ぎながら移動するのも一つの手段です。

2、ADDressの会員や家守さんなど色んな人と交流ができる

ADDressでは地域との交流や会員同士の交流を推奨しており、ADDress利用者と滞在日が被れば、「今夜一緒に飲みませんか?」なんてこともよくある話です。そこでお互いのADDress生活について語り合ったり、観光地やグルメについての情報を交換したり、普段出会えないような職種の方とも出会えるチャンスだと捉えています。

個人的に面白いなと思ったのはADDressの他拠点の情報をもらえることです。「今まで一番良かった拠点は?」とお話をして、紹介された拠点は絶対行くようにしています!

3、都会の家賃よりも費用が安く生活コストが下がる

ADDressは月額4.4万円で泊まり放題!都会の家賃よりも圧倒的に安く、光熱費や通信費などは他に一切かかりません。(全拠点Wi-Fi付き)

移動費や食費などはかかりますが、それでも家賃と光熱費と食費だけで15万円ほどかけていた都会ぐらしと比較するとかなり安く生活できます。

4、カップルや友人と利用すると月2.2万円

ADSDressは同伴者無料という破格設定!!二人で割れば月額2.2万円で光熱費・通信費もコミコミ。(全拠点Wi-Fi付き)

パートナーは友人でも彼女でもOK!さらに身内の利用も無料です。「家族で旅行したい!」という方にとっては超絶お得なサービスです。

同伴者制度の詳細に関しては公式ページをご覧ください。

5、地元の人しか知らないお店に行ける

家守(家の管理人)さんが観光案内をしてくれることもあります。サイトや雑誌に載っていないような『地元の人ならではのお店に行ける』のはADDressならではの魅力です。

「こんな細道に、こんなお洒落な雑貨屋さんが?!」みたいな驚きがあるので家守さんが案内してくれると言う際には是非お願いしてみてください♪

 Addressを使ってみて感じた「デメリット」

ADDressを使用していく上で「ここは大変だな」というデメリットは以下のとおりです。

  1. 駐車場が高い
  2. 洗濯機や暖房にお金がかかる
  3. 予約が取りずらい
  4. キッチンがないと食費がかさむ
  5. Wi-Fiが遅い拠点もある

順番に解説しています。

1、駐車場が高い

車移動の方は注意が必要です。拠点によっては駐車場がなかったり、あっても有料(1日500円〜1000円)の場所もあります。

駐車場がない場合は近場のコインパーキングなどを探すことになりますが、正直これがしんどいです。例えば駅前滞在1週間だとして、24時間最大600円のパーキングに停めたら4,800円になります。妥協して停めたとしてもこれが1ヶ月続けば19,200円。Addressと合わせると6万円を超えてしまいます。

車移動の民にはずっと頭を悩ませる駐車場問題です。

2、洗濯機や暖房にお金がかかる

これは実際に使用してから気がつきました。

ADDressは光熱費も通信費もコミコミではありますが、拠点ごとに各種『よろしければ』料金がかかります。洗濯機の利用やシャンプー・リンス、調味料代など、「よろしければ払ってくださいね」というカタチで貯金箱がちらほら。強制ではないので、そこは利用者の良心に委ねられている部分ですね。また拠点によっては1泊ごとに暖房費が取られることもあります。

デメリットというのは少し違うかもしれませんが、知らないと「ADDressで払ってるじゃん」と感じてしまうので、前もって考慮しておきましょう。

3、予約が取りずらい

ADDressでは狙っている拠点を希望日に100%予約できるとは限りません。予約は早いもの勝ちなので人気拠点はすぐに埋まります。さらに予約は14日分までしかできないのでADDressのみで生活するためには宿泊後すぐに次の予約を取る必要があります。

Addressのみで日本一周を目指すと途中で「宿がどこも埋まってる」なんてことになるので注意しましょう。場合によっては別途ホテルなどを予約することになり、ADDressで月額4.4万円の支払い+別途宿泊代ということにもなりかねません。

4、キッチンがないと食費がかさむ

私達は基本自炊しています。そのためキッチンが無いと拠点はとても辛いです。

1日3回外食だと1日だけでも3000円ほどかかってしまいますし、それが1週間だと一人当たり21000円もかかってしまいます。実際に温泉街に宿泊した際、飲食店も軒並み閉まっており、毎食コンビニ飯しか食べれなかった思い出があります。キッチンのない拠点は滞在期間を短く設定するのがオススメです。

5、Wi-Fiが遅い拠点もある

私達は基本的にオンラインで仕事しているので、Wi-fiが遅いのはかなり致命的なダメージです。

いざという時のために、無制限のデータ通信ができるSIMを使用して、デザリングでどうにかすることもしばしば。

ADDressが月4万円でサービスを続けている理由【使ってみてわかった】

ADDressは地方の空き家改善を第一に考え、サービスを提供しています。地方の空き家は都会よりも安く契約できるのでADDressは4万円でサービスを続けられると僕は考えています。もう少し深堀りしていきましょう。

私達はこれまででADDressを利用して宮城から福井まで到達しました。その中で実際に「ホテル業」としてはあまり人が入らなそうな拠点や看板などほとんどない家などにも宿泊してきました。そういった宿を見るに「これはホテルとしては泊まらないな〜。ADDressだから利用する拠点だな」という家があります。

地方では発信力が弱いホテルや旅館、空き家をどうにかしたいと考える方が多くいるのが現状です。その方たちと協力しつつADDressの運営を行っているようです。地方の空き家は自分たちでは収入が上げにくく、集客も難しい現状があります。その問題を一気に解決できるのがADDressです。ADDressに登録すれば安定的な集客を行いつつ、利益を出すこともできます。

一方Address側としては地方の家は安く契約できるメリットがあります。もしこれが東京だけの拠点なら月4万円という値段にはできないことでしょう。

つまりADDressが月4万円でサービスを続けられる理由は地方の家は安く契約できるからだと思っています。

ADDressを使ってセキュリティー面で感じた問題点

ADDressは基本的に泊まる部屋は個室です。そのため扉には鍵がついています。しかし拠点によっては扉の鍵はとても小さなものであったり、「鍵がない」という家もあります。部屋には金庫があるわけでもないのでセキュリティー面では少しあまいと感じました。

また家全体がセキュリティーが甘い場合もあります。玄関の鍵がかかっていないときや、夜に窓を開けっ放しで寝たりします。まぁこれは田舎だから大丈夫かなと思う面もありますが、都会ぐらしになれていると少し怖いなと言う印象です。

まとめ:ADDress使ってみた

『全国各地に200以上の拠点を持つ』のがADDressの強み。県によっては主要駅近くに拠点がなく、田舎にしか宿がない場合もありますが、田舎には田舎の魅力あります!

想像してみてください。果てない田んぼ道にきれいな小川、夜には蛙の合唱が響き渡る卓球台のある古民家…行ってみたくなりませんか?ちなみに該当拠点は福井県の鯖江市にありますが、文句なしにとても良い所でした。

旅のプランに合わせて拠点を決めることができる。これは、全国各地に200以上の拠点を持つADDressならではのメリットです。

 Addressを安く利用する方法を紹介しているので、そちらの記事も合わせてお読みください。

併せて読むとおすすめの記事▼

【3万円お得に!】ADDressのクーポンコードを取得する方法

ADDressのクーポンコードを知りたいですか?本記事ではADDressのクーポンコードを取得する方法を紹介しています。お得にADDressを使いたい方はぜひご覧ください。

Read more...
くりたまさと
Masato Kurita

大学卒業後、セブ島とオーストラリアに1年間、語学留学。

現在は、Webflow専門のウェブサイト制作・SNS運用代行、MEO対策などを行っています。

#
ライフスタイル
アフィリエイト
ご質問ありがとうございます。
確認次第、返信致しますので、
少々お待ち下さい!
エラーが発生致しました。もう一度お試し頂くか、Twitterより連絡ください。