WebflowでSEO対策をする基礎知識

くりたまさと
Masato Kurita
栗田将人
WebflowでSEO対策をする基礎知識

Webflowは、ビジネスオーナーやWebデザイナーにとって非常に便利なプラットフォームです。しかし、WebflowサイトのSEO対策を怠ると、ビジネスにとって大きな損失につながる可能性があります。この記事では、Webflowでの基本的なSEO対策について詳しく説明します。

目 次

1. WebflowのSEO基本

WebflowのSEOツールの利用

Webflowには、SEOツールが組み込まれています。これらのツールを使用することで、メタデータを編集したり、Robots.txtファイルを作成することができます。これらの設定を適切に行うことで、検索エンジンがサイトを正しくクロール(巡回)することができます。

キーワードリサーチと適切なページタイトルの作成

キーワードリサーチは、SEOの基本です。まずは作成したページがなんのキーワードを狙っているか明確にしましょう。適切なキーワードを選択することで、より多くのアクセスを獲得することができます。また、ページタイトルは非常に重要な要素です。WebflowでのSEOの基本操作は以下の記事で紹介しています。
>>WebflowでSEOを設定する方法

メタタグの最適化

メタタグは、検索エンジンに対してサイトの内容を説明するための非常に重要な要素です。Webflowでは、Metaタグを簡単に編集することができます。またWebflowにはタイトルタグ、メタタグ共にプレビューを見ながら作業できるため初心者でも検索結果をイメージしやすいというメリットがあります。

Metaタグを設定することで、検索エンジンがサイトの内容を正しく理解してくれます。メタタグの設定の仕方はタイトルと同様に以下の記事でまとめています。
>>WebflowでSEOを設定する方法

2. Webflowでのコンテンツマーケティング

ブログ記事の投稿

コンテンツマーケティングは、SEO対策の重要な要素の1つです。Webflowでは、CMS機能を使用して簡単にブログ記事を投稿できます。ブログ記事は、トラフィックを獲得するために非常に重要です。記事では集客だけでなくビジネスやサービスに関連する情報を提供することでユーザーの不安と取り除く事もできます。

ブログ記事におけるキーワードの最適化

ブログ記事に適切なキーワードを使用することで、より多くのトラフィックを獲得することができます。何度も言うようですが、キーワード設定は必須であり重要です。適切なキーワードを使用することで、コンテンツが正しく理解されやすくなります。またSEO対策では設定したキーワードを、記事のタイトル、見出し、本文中に適切に配置することで上位を狙えます。

画像・イメージの最適化

Webflowでは、Instagramに画像をアップするのと同じぐらい簡単に画像を設定できます。画像は、コンテンツを視覚的に豊かにするためだけでなく、SEOにも重要です。余力があれば画像は自作、有料のものを使うのがいいです。また画像は、Altテキストを適切に設定することで、検索エンジンがサイトの内容を正しく理解してくれます。

3. WebflowでのSEOリンク対策

内部リンクの設定

内部リンクは、サイト内のページ同士を繋ぐリンクのことです。内部リンクを適切に設定することで、サイトのナビゲーションが改善されます。また、内部リンクを使用することで、サイト内のコンテンツが相互に関連するようになります。当記事にもページ下部におすすめを載せています。これはSEOの観点でも重要です。

外部リンクの獲得

外部リンク・被リンクは英語ではバックリンクと呼びます。他のサイトから自サイトへのリンクのことです。バックリンクの質を向上させるためには、権威性の高いサイトからのリンクを獲得することが重要です。また、バックリンクのアンカーテキストを適切に設定することで、検索エンジンがサイトの内容を正しく理解することができます。また自作自演も可能ですが、あまりいい方法ではないのでやめておくのが吉です。

4. Webflowでの技術的SEO

サイトの高速化

サイトの高速化は、ユーザーエクスペリエンスの向上に非常に重要な要素の1つです。また、サイトの高速化は、検索エンジンランキングにも影響を与えます。Webflowでは、画像やコードの最適化などの方法でサイトの高速化が可能です。

モバイルフレンドリーなサイトの作成

モバイルフレンドリーなサイトは、モバイルデバイスからアクセスしたユーザーにとって非常に重要です。Googleでは、モバイルフレンドリーなサイトの存在がランキングに影響を与えるようになっています。Webflowでは、レスポンシブデザインを採用することで、モバイルフレンドリーなサイトを作成することができます。簡単に作れるのでPCに合わせて作成しておきましょう。

ページの正しいインデックス化

ページの正しいインデックス化は、検索エンジンランキングに影響を与える非常に重要な要素です。Webflowでは、Robots.txtファイルやSitemap.xmlファイルの作成を行うことで、ページの正しいインデックス化を行うことができます。

またサブドメインは設定でインデックスされないようにして独自ドメインの設定画面から独自ドメインをデフォルト設定しましょう。
>>Webflowでドメインを設定する方法

WebflowのSEO対策でよくある質問

Q1. WebflowでのSEO対策は、初心者にもできるのでしょうか?

A1. はい、WebflowにはSEOツールが組み込まれており、初心者でも簡単にSEO対策を行うことができます。まずはWebflowのタイトル、メタタグを設定してみてください。

Q2. Webflowでのキーワードリサーチにはどのようなツールを使用すればよいのでしょうか?

A2. Google AdWords Keyword PlannerSEMrushなどのツールを使用することができます。またラッコキーワードもおすすめです

Q3. Webflowでの被リンク獲得にはどのような方法がありますか?

A3. まずは内部リンクの設定をしっかりと行いましょう。外部リンクの獲得は良いコンテンツを作成して長く運用する必要があります。

Q4. Webflowでの技術的SEOについて、初心者でもできることはありますか?

A4. サイトの高速化やモバイルフレンドリーなサイトの作成など、初心者でも簡単に行える技術的SEOの方法があります。最初は画像を軽くすること、無駄なコードを削除することから始めましょう。

Q5. WebflowでのSEO対策に時間がかかるのでしょうか?

A5. SEO対策には時間がかかる場合がありますが、適切な方法を選択し、コンスタントに取り組むことで、長期的な効果を獲得することができます。SEOは一朝一夕でできるものではないので長期的な目線が大切です。

無料メルマガで追加情報を告知します。

WEBFLOW専門家として事業を行っている栗田自身が実際に使用し、便利だと感じたWebflowの使い方を共有します。またノマドライフや、事業計画、経験と過程について発信しています。これは僕からあなたへの手紙です。ここでしか贈らない言葉があります。それでは限定メルマガでお会いしましょう。

ご登録ありがとうございます。次回の更新まで少々お待ちください。
なにかしらエラーがでています。治らない場合はXまでご連絡ください。

併せて読むとおすすめの記事▼

WebflowでSEO対策する方法【中級編】

Webflowで基礎知識、基礎SEO設定が終わったらやることをまとめました。是非ご覧ください。

Read more...

Webflowを使ったSEO設定の仕方【11Days/Webflow大学】

WebflowでSEOの設定方法を解説します。またSNSでのリンクシェアの設定方法も解説。WebflowはSEO設定も簡単できます。未経験者を対象に解説をしているので「SEOとは」から解説しています。

Read more...

Webflowでパンくずリストを作成する方法【SEO対策/構造化】

Webflowにパンくずリストを追加する方法を知りたいですか?本記事ではWebflowにパンくずリストを追加して構造化までする方法を解説しています。Webflowでのパンくずリスト作成に困っている方は是非ご覧ください。

Read more...
🎉【期間限定】無料キャンペーン実施中9/1まで
Beta

無料のWebflow
30分間レクチャー実施中!!

期間限定‼️
Webflowでこのポップアップの作り方わかりますか?このレクチャーではWebflowの使い方、Webflow導入後のサポートなどWebflowに関する質問はOK!完全無料で実施しているのでお気軽にお申し込みください。9月1日まで実施中
※ビデオ通話(Google meet)を使用します。
※予告なく、内容の変更やキャンペーンが終了する場合がございます。
※機密事項などを取り扱う際は事前にお申し付けください。内容はYoutubeなどSNSに 露出する場合がございます。お申し付けいただければ露出はしません。
※レクチャー時間は一組30分までとさせていただきます。それ以上は別途ご相談、ご依頼ください。30分の中に自己紹介や案件の相談時間などは含まれていませんので慌てずまずは自己紹介から行いましょう。
※自己紹介など含め45分を想定しています。
※ご予約機能はGoogleカレンダーで作成しています。
※こちらはベータリリースとして行っています。
※Webflowを学ぶ目的、サイト制作依頼の相談、Webflowサポートのお試し、以外の目的でのお申し込みはおやめください。
以上の注意事項の他に必要な情報は都度更新、変更していきます。
Dashboard mockup