ホームページ制作|塩釜市で生まれた僕はどうやって塩釜へ恩返しをするか。

くりたまさと
Masato Kurita
栗田将人
ホームページ制作|塩釜市で生まれた僕はどうやって塩釜へ恩返しをするか。

こんにちはマサトです。

今回は僕がホームページ制作という仕事を通して塩釜市に何を返していけるか。またなぜ塩竈市にこだわりホームページ制作を行いたいのかを僕の過去の経験を踏まえて紹介していきます。

Web制作業は地域は関係なくお仕事できるので、塩釜にこだわる必要は全くないです。しかし実は塩釜市への広報活動は引き続き行っています。チラシを配ったり、Web広告を出したり、紹介を頼んだりしました。

Web制作で実績もそこそこ積んだ僕がなぜ、いまだに地元塩釜市にこだわっているのかその理由を紹介していきます。

目 次

13年前の塩釜には何もできなかった。今、ホームページ制作ならできる。

13年前の塩釜には何もできなかった。

13年前、震災がありました。その時僕は中学二年生。塩釜第一中学校で先輩の卒業式を終え、家で野球部の部活に行く準備をしていました。そんな時、いきなり来た地震。家の窓ガラスは全て吹き飛び、食器、本、TVなど全てのものがごちゃ混ぜになりました。家は半壊。叔母の家へと避難し震災の期間を耐え凌ぎました。

あの時は食べ物もなく、スーパーへ買い出しに行く必要がありました。数手に分かれて各地のスーパーを回るしかありません。しかし僕はほぼ何も出来ませんでした。「動揺というのは時に人をここまで動けなくするのか。」と驚きました。

いつもの通学路、いつもの公園、いつもの家全てが怖く感じました。北斗の拳の世紀末にいる感覚です。治安がめっちゃ悪くて今、外に出たら誰かに襲われるかもしれない!そんな危機感を謎に感じ続けていました。

しかしそんな時助けてくれたのがご近所さん。最近はあまり話をしてないご近所さんでしたが震災の時はお互いが協力して色々と助けてくれました。(小さい頃はよく話していました。)

ご近所さんが毎日集まり、「大丈夫?」「必要なものはない?」「このスーパー空いてたよ」など落ち着いてお話ししてくれたおかげで、「あ、みんないつも通り暮らしている」と思うことができ、だんだんと外に出れるようになりました。

その後はスーパーにも出向き、津波のきた場所にも出向きました。その際、復興のために働く大人たちをたくさん目にしました。震災からまだ2週間もたってない時の話です。僕が家で震えている間にたくさんの塩釜の人が塩釜の人のために動いていました。

また学校が始まってから友人の一人は「震災後ずっと学校でボランティアしてた」というのです。

衝撃でした。

僕は何もできず、ただ震えていたのに。他人のために頑張っている人が同い年にもいた。自分も何かしたい。何かできないか。そう思い結局、、。僕は何もしませんでした。

今、ホームページ制作ならできる。

人にはいろんな役割があって、塗装をやる友人もいれば、リフォーム業を行う友人もいます。また飲食店を出した先輩や清掃業を始めた先輩もいます。みんな塩釜や仙台で事業を行うことで地元の活性化に貢献しています。

僕はというと、ホームページ制作をして、オンラインで日本全国の繋がった企業様相手に仕事をしています。全然塩釜に関係ないですね。

しかし、塩釜の事業者のお手伝いはできると思ったわけです!実際に過去には塩竈の塗装屋さんのHPを作成したり、集客のお手伝いをしました。また国の補助金申請を代理で行なったり、チラシ作成をしたこともあります。

そこで、塩釜のために僕ができる役割は「塩釜で頑張る人のホームページ制作を行い、魅力を拡散すること」であると思ったわけです。

昔は震えて何もできなかったけど、今はホームページ制作ならできるのです。

普通に地元「塩釜」という枠で戦いたい(ビジネス視点含む)

普通に地元「塩釜」という枠で戦ったら多少は楽に戦えるのでは?というビジネス視点ももちろんあります。論あります・

オンラインで全国、いや世界に競合がいる状況で仕事をしていると地域型ビジネスに憧れを抱きます。地元の繋がりが出来て「このお店この前リフォーム請け負った」とか「あのアパレルのお店で清掃やってる」とか。

「眼に見える範囲にお客さんがいるっていうのはやりがいや達成感を感じるよな。」って思うわけです。もちろんオンラインのお仕事もやりがいは感じます。しかしいつも行くこのお店をお手伝いした。って気持ちいい気がするんですよね。

あと単純に競争相手が少ないため、ビジネスとして戦いやすいというのもあります。地域密着型ビジネスとでも言いますか。とにかく塩釜でなければできないことで戦えると東京の人とは競争しなくていいので少し気が楽です。(まぁホームページ制作ではほぼ無理は話ですが。)

本当であれば塩釜で「ホームページ制作の無料講座」や「飲食店がDX化するメリット」なんかを開いていきたいところ。

塩釜市のお店は基本どこもアピールしていない。(常連で出来上がってる)

塩釜の個人の寿司屋にはなかなか行けない理由

塩釜にはめっちゃいい個人店が多くあります。どこも口コミで広まり安くて旨いお店ばかり。しかし口コミ以外で探すのはほぼ無理です。Google Mapやホームページ、SNSなど全て登録していないからです。

塩釜といえば「人口あたりの寿司屋の数が日本で最も多い町」らしいです。そのため寿司家の競争率が高く、いつも人で溢れている、、。わけではありません。

塩釜でいつも人が並んでいるのはテレビで有名になった「塩釜港」や地元で有名な高級店「しらはた」「亀喜」「すし哲」といった感じです。

ここら辺の人気店は人が多いですし、高級店なので予約も必要です。(仙台にも店舗出すぐらい人気)。しかし塩竈市は先ほども記載した通り人口あたりの寿司屋の数が日本で最も多い町です。この4店舗以外にもたくさん個人店があります。しかし塩釜に生まれてから27年間、市民である僕ですら、他の店舗に行ったことがありません。

理由は単純「よくわからないし、いきなり行って値段が高かったら怖いから」です。今時、値段・味・量・敷居など情報がないとギャンブル過ぎて気軽には到底行けません。

「ジャージで行ってもいいかな?行って美味しくなかったら嫌だな。まず今日は営業してるのかな?現金かな?クレジットカード使えるかな?いくら必要かな?大将いい人かな、、。」

などなどなど、、。本気で頭に浮かびます。その結果、「高くて予約も必要だけど、有名店に行こう。」となります。今の20代なら絶対そうなります。僕がそうなので。

他の個人店もだいたい行けない理由は一緒。

例えば、フレンチやチョコレート専門店など興味を引く珍しいお店が塩釜にできると「一回行ってみよう」となります。必ずしも新規オープンである必要はなく、例えばフレンチなら「シェヌー」は塩釜ではみんな知ってるフレンチで「いつか行きたいね」と学生の頃から話していました。立地や外観の影響もあるかもしれませんが、時代はネットの時代。今時の戦略では「立地は安く、Webで集客」が一般的です。

実際に僕が学生時代にバイトしていた居酒屋は仙台駅前に店舗はあるのですが、奥まった場所にあり、普通に歩いても到底見つけれない場所にありました。しかしネット広告にお金をかけまくり、集客をして、利益を出していました。

僕が通っていた美容室も同じです。古い5階建てのビルの一番日の当たらない一角にあったその美容室は隠れ家のようでした。エレベーターも古くて怖いレベル。しかしネットにお金をかけ集客をすることで安定した集客を行っていました。「家賃を安く、利益を最大化させる」がネット時代のトレンドと言えます。

レンタルスペースがここ数年で人気急上昇中です。その背景に「ネットで集客できれば、店舗は関係ないという考えから多くの人が独立し、個人サロンのような形で低価格でビジネスをスタートさせていることにあります。

こう言ったネットがメインになった世界で塩釜は未だ、ネットで集客せずにいます。上記で紹介した寿司の有名店ですらWebサイトがありません。僕ができるのはホームページ制作。集客するならまずは看板を立てること。ホームページはネットの看板です。

ホームページ制作で塩釜市に僕は何が返せるのか。

塩竈市の個人店はどんどん減っています。それが競争というものではある以上、仕方ないとは思いつつも、小さい頃に通っていた駄菓子屋がローソンが出来てつぶれたり、好きだった居酒屋が魚民ができて潰れたり、美味いラーメン屋が幸楽苑ができて潰れたり、、。

好きだった個人店が現代の戦い方を知らないで消えていくのは本当にもったいないし、寂しい。また後継者が見つからない問題もありますが、ネットを上手に使えば後継者を見つけることもできます。

ホームページはネット集客の第一歩です。インターネットに看板を立て、お店の商品や情報を載せる。そうすることでお客さんが情報を受け取り来店する。塩釜の個人店にこのサイクルを持ってくることが、今の僕にできる塩釜への恩返しなんじゃないかと考えています。

ただ、個人店ではネットにかける費用もあまり割けないのが現実です。なので僕ができることと言えば、安価でホームページを作り、ランニングコストも可能な限り低くした ホームページ制作のサービスを展開していくこと。

しかし、「どのようにすればビジネスとして成り立つのか」をしっかり考えないと、すぐに終わってしまします。ビジネスとして成り立たないと継続することができず、 一時的なサポートだけで終わってしまいまうからです。

塩釜でビジネスを作る。塩釜で会社を作る。継続して事業を行い、継続して塩釜全体を盛り上げるそんな会社を作りたいという気持ちがあります。

今はまだ塩釜でのホームページ制作は2件程度ですが、今後さらに伸ばして、塩釜でホームページ制作するならWeb春さんがいいよね。という言われる存在になりたいと思っていますもし塩釜やその近郊でホームページを作りたい!という方がいればお問い合わせしていたれば幸いです。すべてのお問い合わせに目を遠し、実現可能なWeb集客を提案させていただきます。

目標:ホームページ制作で塩釜市で起業し、塩釜市を盛り上げる。

最後に単純な目標を書いて終わろうと思います。まずは塩釜市の事業者へ向け、ホームページ制作を10社行なっていきたいです。そのために、各メディア、SNSなどで塩釜に向けて情報発信していきます。

もし塩釜やその近郊でホームページ制作をしたいという方がいればご連絡ください。あなたのお店や事業に適したホームページやWeb集客の知識を惜しみなく共有します。

お問い合わせはこちら

無料メルマガで追加情報を告知します。

WEBFLOW専門家として事業を行っている栗田自身が実際に使用し、便利だと感じたWebflowの使い方を共有します。またノマドライフや、事業計画、経験と過程について発信しています。これは僕からあなたへの手紙です。ここでしか贈らない言葉があります。それでは限定メルマガでお会いしましょう。

ご登録ありがとうございます。次回の更新まで少々お待ちください。
なにかしらエラーがでています。治らない場合はXまでご連絡ください。

併せて読むとおすすめの記事▼

インボイスで揉めました。解決したので紹介します|税理士監修

インボイスで揉めた経験を記載しています。今後揉めないように経験を共有します。この記事を読んでおけば免税事業者でも日本トラブルなく、取引できるでしょう。

Read more...

アメリカで2100億円の価値と言われる「Webflow」とは?

日本語の解説がないという理由で、日本ではあまり知られていないWebflow。アメリカでは今後さらなる成長が見込まれており、その価値は2100億円以上とも言われています。このブログではそんなWebflowの使い方を日本語で解説しています。

Read more...
🎉【期間限定】無料キャンペーン実施中9/1まで
Beta

無料のWebflow
30分間レクチャー実施中!!

期間限定‼️
Webflowでこのポップアップの作り方わかりますか?このレクチャーではWebflowの使い方、Webflow導入後のサポートなどWebflowに関する質問はOK!完全無料で実施しているのでお気軽にお申し込みください。9月1日まで実施中
※ビデオ通話(Google meet)を使用します。
※予告なく、内容の変更やキャンペーンが終了する場合がございます。
※機密事項などを取り扱う際は事前にお申し付けください。内容はYoutubeなどSNSに 露出する場合がございます。お申し付けいただければ露出はしません。
※レクチャー時間は一組30分までとさせていただきます。それ以上は別途ご相談、ご依頼ください。30分の中に自己紹介や案件の相談時間などは含まれていませんので慌てずまずは自己紹介から行いましょう。
※自己紹介など含め45分を想定しています。
※ご予約機能はGoogleカレンダーで作成しています。
※こちらはベータリリースとして行っています。
※Webflowを学ぶ目的、サイト制作依頼の相談、Webflowサポートのお試し、以外の目的でのお申し込みはおやめください。
以上の注意事項の他に必要な情報は都度更新、変更していきます。
Dashboard mockup